HOME>イチオシ情報>放課後迎えに行き施設で過ごした後自宅まで送るサービス
園児と先生

施設の取り組み内容

宇都宮の放課後等デイサービスで人気のある施設の特徴は、保護者の無料悩み相談などを行い子どもを預けやすい環境を整えていることです。思い切り公園で遊んだり工場見学なども積極的に行います。外出のときは電車やバスなどの公共交通機関を利用して、スタッフや友達と一緒に社会のルールを学びます。また公共施設での運動療育としてボール運動やダンスを公共の体育館で楽しみます。さらに野菜の切り方や計量の仕方を、何度も行うことで学ぶ大人気の調理実習も実施しています。そして送迎は学校へ迎えに行き施設で過ごした後は自宅まで責任を持って送るという流れです。施設のサービスは平日の13:30から17:30までと、学休日は10:00から16:30までです。地域の医療機関とも密接に連携しているので保護者も安心して預けることができます。

自立への支援

宇都宮で活動する放課後等デイサービスは社会性や生活能力の向上を促すための施設です。学校通学中の小学校1年生から高校3年生までの障害のある子ども達が通っています。放課後や長期休暇中に訓練や活動を行います。施設はこども達の心と身体を育み支援することで安心して過ごせる時間を提供しています。なお施設の利用に関しては、療育手帳や身体障害者手帳の所有は関係ありません。また施設は様々な活動を通して子ども達1人ひとりが、自身の長所を活かすことでそれぞれに合った自立ができることを目指しています。受給者証がすでにある場合は契約後すぐに利用することが可能です。その際はスタッフがヒアリングを行い提案は支援計画に基づき相談しながら始めます。受給者証がない場合は近くの市役所内の子育て支援課で手続きします。

広告募集中